商標登録は特許庁へ

商標登録はどこに出願するのか分かりますか?特許庁への出願になります。 - 商標登録すれば盗作を防げる?

アーカイブ

商標登録すれば盗作を防げる?

世の中には似たような商品パッケージや、似たようなサービスのロゴが存在することもあります。中には見分けが付かないほど似ており、消費者が混同してしまうこともしばしです。先に商品開発やサービス提供を始めた企業側からすれば、頭の痛い問題ではないでしょうか?端から見ればコピー品や模倣品にしか見ることができません。企業の業績に与える影響も、場合によっては大きなものになってしまうでしょう。
もし似たようなデザイン・ロゴを他社の商品やサービスで利用された場合、訴訟を起こして損害賠償請求を求めることもできます。しかし、これは商標登録されている場合に限る話であって、もしそのロゴが商標登録されてないと裁判でも認められない可能性が高くなります。
商標登録をおこなうと商標権が発生します。商標権は、いわゆるロゴやデザインの使用権利であって、勝手にコピーされたり流用されることを防ぐための役割を果たしています。商標登録しておけば、他社やライバル企業が無断で使用することを避けられるのです。もし使用された場合、損害賠償請求を起こすこともできます。
そのため、商標登録しておけば盗作にも一定の効果があると言ってもよいでしょう。もちろん盗作がゼロになるとは限りませんが、第三者は同様のデザインを無断で使用することが不可能になります。デザインやロゴは自社の広告塔になり、そして消費者の心をつかむ大切な財産です。商標登録をして、自社の権利をしっかり守るようにしましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017商標登録は特許庁へAll Rights Reserved.