商標登録は特許庁へ

商標登録はどこに出願するのか分かりますか?特許庁への出願になります。 - 商標登録で企業の価値を守る

アーカイブ

商標登録で企業の価値を守る

企業にとって商品やサービス、そして自社のイメージアップをすることは非常に大切な要素です。もし世間にマイナスイメージを与えてしまえば、売り上げや顧客の信頼など、様々な方面に波及してしまうでしょう。そのためには企業のイメージと価値を守ることが大切です。しかし、商品やサービスなどの個別イメージを守ることは一筋縄では行きません。
消費者に与えるイメージは、その商品・サービスのロゴやデザインで決まると言っても良いでしょう。そのデザインを見れば企業名や商品名がすぐ浮かぶようになり、相対的にアピールしていることになります。ですが、そのためにはオンリーワンのデザインを採用し、第三者に悪用されることを防がなければいけません。
ロゴやデザインの悪用を防ぐための方法は限られますが、商標登録すればリスクを大きく減らすことができます。商標登録されたデザインは、いわば公的に認められたものであって、権利を持っている限り第三者が無断で使用することは不可能です。無断利用や盗用のリスクを最小限に食い止められるため、企業の価値を守るためには欠かせないと言えるでしょう。
逆に申請を予定しているロゴやデザインが、すでに商標登録されている場合もあります。このようなケースでは商標として認められないばかりか、無断使用としてこちらがリスクを背負うことになります。商標登録する際は、既存のデザインをしっかり熟知する必要があるでしょう。商標登録するためには大切な作業です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2017商標登録は特許庁へAll Rights Reserved.