商標登録は特許庁へ

商標登録はどこに出願するのか分かりますか?特許庁への出願になります。 - 商標登録と意匠登録の違い

アーカイブ

商標登録と意匠登録の違い

企業や個人のデザイナーは、各種サービスや商品ごとにそれを表現するロゴやデザインを作ると思います。こうして作られたログなどは著作権が発生し、オリジナルであれば商標登録することも可能です。商標登録して特許庁に認めてもらうことができれば、第三者の無断使用や悪用を未然に防止することができます。そのため、商標登録作業は必要不可欠と言ってもよいでしょう。
もう一つ、商標登録と似ている制度が存在します。それが意匠登録です。商標登録と同じように説明されることが多くくなってますが、実は全くの別物と呼んで差し支えありません。意匠登録と商標登録は、似て非なるものなのです。デザインを制作した場合、まずどちらにすればよいか、選ぶところから始めることをおすすめします。
商標登録は、一般的にロゴやアイコンなどが対象になっています。実はアプリのアイコンのような電子データを登録することも可能で、ここが意匠登録との根本的な違いです。一方の意匠登録は、意匠法にもとづいて物品などと結びつける必要があります。逆に商標登録は結びつけなくてもかまいません。
ちょっとした違いかもしれませんが、細部はまったく違うものになっています。基本的には、商標登録で認められている範囲のほうが広くなっており、意匠登録よりも幅広いデザインが対象と言えます。もしロゴやアイコンなどのデザインを制作した場合、商標登録するのがよいでしょう。もしくは公共の窓口へ直接問い合わせてみることも有効です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

Copyright(C)2017商標登録は特許庁へAll Rights Reserved.