商標登録は特許庁へ

商標登録はどこに出願するのか分かりますか?特許庁への出願になります。 - 商標登録が必要になるケース

アーカイブ

商標登録が必要になるケース

商標登録は、企業の財産とも言えるデザインやロゴを公に認可してもらう制度と言えます。商標権が発生するため、第三者が無断利用した場合は法的措置をとることができ、場合によっては賠償請求なども可能です。ニュースでも時折取り上げられることがありますが、基本的に商標として認可されているなら法的に保護されると言って良いでしょう。
しかし、損害賠償請求や異議申し立てなどは商標登録されている場合に限ります。逆に商標登録していない場合、申請途中で第三者の利用が発覚したケースなどはこの限りではありません。このため、必然的に商標登録をしなければいけないケースも出てくるのです。商標登録が不要、と考えてしまう場合が出てくるかもしれませんが、じっくりと登録について検討するようにしましょう。
商標登録が必要とも言えるケースは、ロゴやデザインを商品パッケージや広告で使う場合です。これらでは企業や商品・サービスのイメージを決定付けることがあります。もし登録せずに広告などで利用していた場合、他社が悪用して企業イメージを下げてしまうこともあるでしょう。場合によっては、会社にとって大きな損失を生む可能性も捨て切れません。
売り上げのように直接的なダメージだけでなく、顧客に対するイメージもダウンさせてしまうおそれがあります。商標登録をしておけば、これらのリスクからも防ぐことができます。商品・サービスでロゴなどを利用するのであれば、商標登録することをおすすめします。

関連する記事

次の記事: を読む »

Copyright(C)2017商標登録は特許庁へAll Rights Reserved.